はぎわら洋一 プロフィール

その7「介護の充実への願い・副議長就任」

はぎわら洋一は75歳で医者から痴呆症(ちほうしょう)との診断を受けた母を板橋に呼びよせ、以来9年間、84歳で亡くなるその日まで介護(かいご)し続けました。この経験から介護の充実への願いは切実(せつじつ)な問題として、はぎわら洋一は誰よりも身近に感じています。

そして平成21年5月より、板橋区議会の副議長に就任したはぎわら洋一は早速(さっそく)、障(しょう)がい者(しゃ)施設(しせつ)に通う車いすの方や歩行者の通行に危険が伴っていた「大谷口北町(きたまち)、理容室(りようしつ)ハニウ店前の道路整備を実現」しました。

はぎわら洋一facebook
これまでの実績
活動記録
はぎわら洋一 はがき通信
はぎわら洋一物語
ローカルマニフェスト2015
TOKYO 2020 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会
環境放射線測定結果
東京都大気汚染地図情報
板橋区議会公明党 区民相談室
板橋区お役立ち情報
いたばし区議会だより
Copyright (C) 2012-2015 Yoichi Hagiwara. All rights reserved.